☆イベント☆「古見きゅうと見るサンゴの産卵ツアー」

GWのご予約はお早目に!!!
今年は、沢山の方からご予約を頂いておりますm(__)m
仮押さえも出来ますよ!!



満員御礼!ご予約締切り&休業のお知らせ

下記日程は、定員に達したなどの理由で
ご予約をお受けすることができません。

・平成29年5月30日
・平成29年7月15日~7月17日

申し訳御座いませんm(__)m









平成29年4月18日






昨年八重山全域で、大規模なサンゴの白化が起きたのは記憶に新しいですね。


f0121701_1636524.jpg





昨年の環境省の調査によると
国内最大のサンゴ礁である「石西礁湖」の9割のサンゴが白化したと言われています。


f0121701_16372822.jpg


f0121701_16373755.jpg





実は白化自体は珍しい現象ではなく
水温の高い状態が続くと、白化したサンゴを度々目撃してきました。



しかし去年は、サンゴの白化後もしばらくの間水温の低下は起こらず

その結果、約7割のサンゴが死滅してしまいました。



これほどまで大規模な被害は、約20年前にも起きているようですが
やはり自然の力は素晴らしく、去年までに見事なサンゴ礁が復活していました。




始まりがあるものには終わりがある。





この世の全てがそれに当てはまるとは言えませんが

サンゴも我々と同じ生き物です。

他の動物と同じで、増え過ぎればそれを減らす力が働くと僕は考えています。

近年大発生したオニヒトデも同じだと思っています。

もしかしたら、サンゴが増えて喜んでいるのは人間と

それを住処にしている一部の魚だけかもしれませんしね。

イシガキカエルウオは喜んでいるかも。。。

生態系のバランスをとるために

生と死がうまく循環しているのかもしれませんね。





って、考え出したらキリがないので・・・





イベントの告知をさせて頂きます!!!








冒頭で述べたように

去年の白化で全てのサンゴが死滅したわけではありません。

約3割のサンゴは見事に生き残っているんです!


f0121701_16403116.jpg




場所によっては、それ以上のサンゴが元気に生きています。

生き残った彼らがまた見事なサンゴ礁を形成するために今年も産卵を行います。








見に行こうじゃ~ありませんか!!!!!






題して・・・


「写真家古見きゅうと見るサンゴの産卵ツアー」!!!






そう!写真家の古見きゅう氏がまたまた来島してくれるんです(*´ω`*)

古見氏と言えば昨年の日経ナショナルジオグラフィック写真賞で
見事 ネイチャー部門の最優秀賞を受賞されました。

詳しくはこちら⇒http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/15/011800001/011200010/?P=2


去年から、サンゴの白化~サンゴの死滅 と撮り続けておられまして

今回はその続編となるサンゴの産卵となるわけですね。

僕らだけではなく、古見氏もいてくれるのはかなり心強いです!





サンゴの種類は色々あるのですが

皆さんが一番馴染みのあるサンゴっぽいサンゴと言えば、ミドリイシ系のサンゴ。

今回はそのミドリイシ系サンゴをメインに産卵を狙おうと思います。



サンゴの産卵時期は早くから予想する事は難しいのですが

可能性が高いのは、5月末~6月半ば頃までの大潮を挟んで約一週間くらいになります。


もちろん予想に反してGWに産卵したりすることもありますが・・・




今回古見氏と狙う期間はこちら ↓↓

平成29年5月23日~5月27日の日没後




個人的に満月か新月かはあまり関係ないと思っています。

今回は古見氏の仕事の都合もあり、新月の大潮あたりを狙いますが

過去に新月でも大当たりしていますので、ご安心ください(^^)




期間中は産卵が見られるまでめげずに船を出し続けます。

20時頃になると、その日産むか産まないかはわかるので

産まない場合は通常のナイトダイビングに変更となります。

利用ポイントのサンゴの産卵が

もし早い段階(期間の前半)で全て終了してしまった場合は


「古見きゅうと潜るミッドナイトダイブ」に切り替えます。


俗に言う、夜の浮遊系生物を狙うダイビングです。

水中に大量のライトを設置し、それに集まる生物を観察&撮影します。

f0121701_1731037.jpg





僕はまだ一度しか経験したことが無いのですが(プライベートの遊びです)

見たことが無いものばかりで、めちゃくちゃ面白かった!!


f0121701_1732476.jpg



f0121701_17335100.jpg



f0121701_1734310.jpg





知識はあまりないのですが、皆さんもそれなりに楽しんで頂けると思います(^^)







もしくは、「古見きゅうと見るニシキテグリの産卵」に切り替える場合もあります。

丁度この時期はニシキテグリの産卵が頻繁に行われるので、こちらも捨てがたい!



これらはその日のサンゴの様子で決めたいと思います。






もちろん、日中は通常のダイビングが可能!(3DIVE可)

古見氏も乗船されるので、色々なお話を聞くことができますよ☆

また、希望者にはエンリッチドエアをスペシャルプライスの1本¥500でご提供させて頂きますが

急な対応は出来ませんので、事前にお申し込みをお願い致します。








<イベント内容まとめ>


イベントタイトル「写真家古見きゅうと見るサンゴの産卵ツアー」

イベント日程 平成29年5月23日~5月27日

ナイトダイビング参加費用 お1人様 ¥11000(税別)

エンリッチドエア料金(希望者のみ) 1本¥500(税込)

参加条件 過去にナイトダイビングを経験している
     もしくは水中で自己管理が確実にできる方ならどなたでもOK



スケジュール 

8:20までに 宿泊先へお迎えします

8:45 ダイビングポイントへ向け出港


通常のファンダイビング(ランチ付)をお楽しみください
最大で3DIVE可能です


15:30 宿泊先へお送りします

17:50までに 宿泊先へお迎えします

18:00 ナイトダイビングポイントへ向け出港


船上でしばらく待機になります


21:00 ナイトダイビング開始

11:00 宿泊先へお送りします



<注意>

※当店の利用が初めての方は
 到着後にナイトダイビングのみの参加 をお断りさせて頂きます。
 日中のダイビング中ににスキルチェックを行い
 ナイトダイビングに参加不可能とこちらが判断した場合も
 お断りする場合が御座いますが、予めご了承頂けると幸いです。

※当店を一度利用されたことがある方は、ナイトダイブのみの参加が可能です

※レンタル用の水中ライトを用意しておりませんので
 ライトは各自で持参をお願い致します。

※夜は飲み物は用意させて頂きますが、食事が付いておりません。
 夕方に軽い食事を済ませるか、船に持参をお願い致します。

※帰港時間は11時頃を予定していますが
 場合によっては大幅に前後する場合が御座います。

※サンゴの産卵が行われない場合は
 通所のナイトダイビング、もしくはミッドナイトダイブに切り替えます。
 この場合、エントリー時間は予定よりも早まります。

※海況によっては中止せざるを得ない場合が御座います。

※5月28日を予備日としています。
 27日までに産卵が行われない場合は28日も開催する場合が御座います。

※エントリー時間は、ニシキテグリの産卵狙いの場合19時過ぎ頃
 ミットナイトダイブの場合は20:00過ぎ頃に変更となります。





以上がサンゴ産卵イベントの告知となります。

不明点など御座いましたら、お気軽にお問い合わせください。

それでは、沢山の方からのお申込みお待ちしております!!

今回も古見さんと一緒に楽しみましょう~~(^^)/




当店ブログ発展の為、クリックお願いしま~す!↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




僕も参加させて頂いております
世界の海ブログなどお時間のある時に是非~☆彡

f0121701_1756331.jpg





By たけ









[PR]

by ids-ids-ids | 2017-04-18 17:19 | お知らせ